テーマ:労働基準

裁判員制度と労働基準関係③

就業規則において使用者に対する報告を義務付けることについて (1)裁判員候補者名簿記載通知を受けたこと, (2)裁判員候補者として呼び出しを受けたこと, (3)裁判員や補充裁判員に選任されたこと,  上記のことについて報告を義務付けることとした場合はどうでしょうか 裁判員等(従業員)が休暇の取得のためその他の理由か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裁判員制度と労働基準関係②

従業員が裁判員等として職務に従事した場合の取扱い 裁判員候補者として出頭したり、裁判員として職務に従事した場合の不就業は、法律に定められた正当な手続きにより労働者が労働義務を免除されているものである。 有給休暇の付与の前提となる出勤率の算定に当って、この不就業は「全労働日」から除外して扱うべきものとされています。 なお,当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裁判員制度と労働基準関係①

来年度の裁判員候補について、予定人数と地域別内訳が発表されましたが、裁判員制度の取扱いについて事業所によっては既に具体的な取り決めをされているところもあるようです さて、従業員が裁判員候補に選ばれたら使用者としてはどうしますか?もちろん選ばれた本人が主体となって考えるべきですが、社会人で勤め人となるとそう簡単に決められない事情があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

解雇予告手当

試みの試用期間(14日)中の解雇は解雇予告と解雇予告手当が不要ですが ☆試用期間を設けずに採用したような場合には、働き始めて14日以内の解雇であっても解雇予告と解雇予告手当を支払わなければなりません。 注 試用期間は事業所により任意に設定して構いませんが、解雇予告と解雇予告手当の支払が不要な期間は14日目までになります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more