大流行期の人員計画の例

現在のパンデミックレベルはフェーズ6(WHO定義)。フェーズ6は大流行ということですが、新潟市でも今月4つの区で学級閉鎖が行なわれています。いよいよじわじわ迫りつつあるという気もしますが、パニックにならぬよう対策をしっかりしたいものです。さて、前回に続いて事業場・職場における新型インフルエンザ対策ガイドライン(改訂案)より感染予防策を取り入れた人員計画の例をご紹介します。(クリックしてご覧ください)
画像

究極の策として人と接触しないということが一番ですが、仕事を持っていればなかなか難しいことです。ところで、ウイルス感染を調べる検査に画期的な方法ができたそうですね。コストが安く、陽性かどうか18分で判明するというシステムとのことです。この検査が早く各地で採用され、気軽に利用できると良いと思いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)